未分類」カテゴリーアーカイブ

自宅でホワイトニング

ホワイトニングは歯科医院や審美歯科などで行っていますが、自宅でもホワイトニングができます。最近ではホワイトニング湿布液やホワイトニング歯磨き液なども出回っていますが、それらを使わずに自宅ですぐにできる方法も。
やはり歯科医院や審美歯科などでは、ホワイトニングは費用がどうしても高くなります。そこで自宅にあるものを使ったホワイトニングが人気となっているのです。

その中でも一番人気があるのが重曹ホワイトニングです。
重曹というと食べ物にも入れるものであり、炭酸水を作るときにも使うもの。最近では重曹での掃除や洗濯も注目されていますが、ホワイトニングにはとても人気があるのです。歯磨き粉にひとつかみの重曹を混ぜて使うだけでも、ホワイトニング効果があると言われています。
最初のうちは一日おきに使用し、ある程度白くなってきたら週に1~2回でOKです。

次にバナナの皮で磨くという方法も注目されています。バナナの皮には自然増白剤と言われている、歯を白くする成分が含まれているのです。
バナナの皮の裏側の黄色くない方で歯を磨きます。力を入れて磨くのではなく、ソフトでいいので2分ほど歯にこすりつけ、あとは小さく切った皮を歯に湿布して10分。できるだけ口を開けてそのままにしておきます。あとは普通に歯磨きをすればOKです。

クリーニングとの違い

ホワイトニングとクリーニングという方法が、今とても人気となっています。白い歯、綺麗な歯はやっぱり若々しさや清潔さなどを感じさせることができます。そこでホワイトニングやクリーニングが人気ですが、どのような違いがあるのでしょう。クリーニングは歯石や歯垢を取り除くことを言います。それによって虫歯や歯周病などを予防すると言われています。

現在クリーニングは超音波スケーラーによって振動で汚れを落とす方法がとられています。もちろんハンドスケーラ-という手作業で歯科衛生士などによってとってもらうことも。この場合は痛みも強い場合もあり、麻酔を使うこともあります大きな歯垢や歯石がたまっているときには、まず手作業が必要になります。

またクリーニングにはPMTCという方法もご紹介しましょう。
専門的器機を使って研磨ジェルを使って、歯の両面を綺麗にクリーニングしていきます。それによって歯がつるつるになりフッ素も入っているので虫歯予防や歯周病予防にも。
タバコのヤニ、お茶のヤニなどを取ることができるので、全体的に白くなったと感じることができるクリーニング法です。しかしホワイトニングとは基本的に違うので、その白さは全く違ったものとなります。

参照資料【http://sbc-dental-osaka.jp/

できない人について

ホワイトニングは最近とても人気がありますが、ホワイトニングができない人、行わない方がいい時期というものもあります。まず知覚過敏の人は注意が必要です。
ホワイトニングをするときに、歯の表面のペクリル層という薄い膜がはがれてしまいます。ホワイトニングをすると数日は知覚過敏になるとも言われていますが、もともと知覚過敏がある人は症状が悪化すると言われているのです。そのため知覚過敏の治療をしてから、ホワイトニングを行うことがおすすめとのこと。

次に妊娠中も注意が必要です。ホワイトニングのために使う過酸化水素や加算か尿素は、毒性があるというデータはないと言われています。
しかし逆に安全だというデータもないというのが現実です。妊娠中は大人にはたいしたことないことも、胎児にとってはとても大きな影響となることもあります。
例えばサプリなどでも大人用のものは、例えば内容的に良いものであっても、製造過程で合成保存料や着色料が使われている可能性があるので、妊婦用以外は避けるべきと言われています。

このようなことからも、妊娠中のホワイトニングも避けたい時期なのです。
また他にも歯の成長過程に問題のあるエナメル質形成不全や象牙質形成不全、またカタラーゼが欠損している無力タカラーゼ血症などの人もホワイトニングはできません。そのため医師に相談してチェックしてもらう必要もあります。

ホワイトニングの効果

ホワイトニングは、今までは芸能人など特殊な人しか、行わないものと思われてきました。しかし最近では一般の人もホワイトニングを行う人も増えているのです。
ブリーチングという言い方もしますが、自宅で行うホワイトニングと、歯科医院や審美歯科などで行うタイプのものがあります。もちろん保険適用ではないので料金も高くなります。とはいっても一昔前より安くなり、一般の人でも気楽に行えるようになったのです。

ホワイトニングは歯にしみこんでしまった有機性の着色成分に対して、分解と漂白を行うものです。歯科医院や審美歯科で行う場合も、神経が通っている歯に対する方法と神経がしんでいる歯に対しての薬剤は違ってきます。
またホワイトニングは誰でも効果はあるかというと、まず虫歯や歯周病のある場合は、虫歯や歯周病を悪化させることになるので、まず治療できません。虫歯の場所によってはそこだけ避けて行うことはできます。

またセラミックや金属、プラスチックなどの人工の歯は白くできません。差し歯などの人は、人工歯の色に自然の歯の色を近づけるしかないのです。
他には差し歯などをすべて新しくするしかありません。またテトラサイクリン系抗生物質を服用たことで変色した黄色い歯などは、効果が思ったように出ないと言われています。このように使えない歯がある場合は、歯のマニキュアなどを考える方がいいようです。

本気で歯を真っ白にするなら、差し歯などの質や色も変えたり、徹底的に治療を行うことになる場合もあります。
特に前の歯だけ差し歯などもなく、虫歯もない人であれば見える部分だけホワイトニングすることはできます。ただしエナメル質にもあまり効果が出にくいタイプなどもあり、個人差もあるので医師に相談してみましょう。