クリーニングとの違い

ホワイトニングとクリーニングという方法が、今とても人気となっています。白い歯、綺麗な歯はやっぱり若々しさや清潔さなどを感じさせることができます。そこでホワイトニングやクリーニングが人気ですが、どのような違いがあるのでしょう。クリーニングは歯石や歯垢を取り除くことを言います。それによって虫歯や歯周病などを予防すると言われています。

現在クリーニングは超音波スケーラーによって振動で汚れを落とす方法がとられています。もちろんハンドスケーラ-という手作業で歯科衛生士などによってとってもらうことも。この場合は痛みも強い場合もあり、麻酔を使うこともあります大きな歯垢や歯石がたまっているときには、まず手作業が必要になります。

またクリーニングにはPMTCという方法もご紹介しましょう。
専門的器機を使って研磨ジェルを使って、歯の両面を綺麗にクリーニングしていきます。それによって歯がつるつるになりフッ素も入っているので虫歯予防や歯周病予防にも。
タバコのヤニ、お茶のヤニなどを取ることができるので、全体的に白くなったと感じることができるクリーニング法です。しかしホワイトニングとは基本的に違うので、その白さは全く違ったものとなります。

参照資料【http://sbc-dental-osaka.jp/